{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様こんにちは
{@ member.stage_name @}会員 {@ member.active_points @}ポイント
電話注文 0795-86-0331 (平日 9:00〜17:30)
※沖縄地域の配送遅延について※
現在、沖縄や熊本、静岡方面への配送遅延が発生しています。詳しくは → こちら

【10月】 純米吟醸無濾過生原酒初手しぼり

初手

今年の『新米のお酒』をお届けします

秋に収穫したばかりのお米を愉しめる新米新酒『初手思慕里』。

キレが良くフレッシュな味わいが特徴です。少しピリッと来る辛口で、秋のお料理と相性抜群。
新鮮さをお楽しみいただくため、出荷間近に詰めたものをそのままお届けいたします。

10月、日本酒製造のシーズン到来を告げる小鼓の中でも歴史ある、多くのお客様を魅了し続ける一本です。

初手

なぜ、秋に収穫したお米のお酒がすぐに飲めるのか?

原料の酒米、五百万石は早生(わせ)の酒米。山田錦と並んで二大酒米として知られています。
五百万石で醸しあげた酒は、淡麗でスッキリとした味わいに仕上がります。
早く取れるお米で、9月に仕込み、年度最初の一本ともされ、丹念に醸されるお酒。それが初手思慕里です。

本来はイベント限定で完売御礼の商品ですが、「住まいが遠くて行けない・・・」というお声にお応えし、 各サイズ、数量限定でお届けいたします。

初手

酒米と小鼓蔵人

日本酒にとって酒米は無くてはならない存在…小鼓の蔵人は、自分たちで酒米の栽培もしています。
男女蔵人関係なく、春の田植えから夏の稲刈りまで、蔵人総出で炎天下、虫たちとと格闘しながら懸命に農作業に取り組んでいます。

夏の終わり頃、稲刈りが終わり、農業から蔵に戻った蔵人たちが最初に醸すお酒「初手思慕里」。
酒米一粒一粒に対し、より一層の敬意を表して醸す、蔵人自慢の一本です。

初手
並び替え
4件中 1-4件表示
並び替え
4件中 1-4件表示